トーネットの劇場用の椅子

トーネットの珍しい家具というか何というか

 

 

今回はトーネットの変わり種をご紹介したいと思います。

 

トーネットはカフェの椅子やコートハンガーなどがとても有名ですが、

通常カフェやレストラン、家庭で使用される家具以外も色々製作しています。

 

病院で使いそうな備品や、

お人形用の家具など結構珍しい家具や備品もあります。

 

今回はそんな中でもかなりレアな、

トーネット製の劇場用の椅子のご紹介です。

 

トーネット、劇場用にも椅子を制作していたんですね。

手広くやってます。

 

 

mehr lesen

トーネットのソファーベッド

トーネットの珍しいジャンル①

 

 

引き続きトーネット作品に関するブログなのですが、

トーネットと言えば椅子!(特にビストロチェア)

といった感じで、

他の家具があまりイメージ出来ない方もいらっしゃるかと思います。

 

ベンドウッドで有名な家具メーカーがトーネットなので、

無論椅子以外にも色々な作品が存在します。

 

ですので今回は、

今までとは少し異なるソファーベッドをご紹介したいと思います。

 

…あ、

カテゴリ的には椅子でした。

 

細かいことは気にせずに。

 

トーネットのソファーベッド、

アール・ヌーヴォー期までの作品は2つしかありません。

 

最近のトーネットでは、

もっとクッションに重点を置いたソファーベッドを販売しているようなのですが、

初期のソファーベッドは一人用の、

どちらかというとビーチベッドに形状が近いソファーベッドでした。

 

 

mehr lesen

たくさん普及したトーネット

1800年代後半トーネットのベストセラー

 

 

前回のブログまで結構古いトーネットのお話をしてきたのですが、

今回はトーネットNo.14で一躍有名になった後のデザインをご紹介したいと思います。

 

今回は椅子のみのご紹介です。

 

 

このブログでご紹介しようと思っているトーネットは、

基本的にはアール・ヌーヴォー期までのものです。

 

ですので今回も1800年代後半の作品をご紹介するのですが、

100年以上経った現在でも、

同じデザインの椅子を世界中で見ることが出来ます。

 

普遍的なデザインなんですね。

 

 

では早速今回のトーネット作品をご紹介いたします。

 

mehr lesen

初期のトーネット②、ロンドン万博

初期のトーネット作品

 

 

前回の初期のトーネット、Cafe Daumに続いて、

今回も初期のトーネットの作品をご紹介したいと思います。

 

前回同様、

1800年代中盤の頃の作品をご紹介することになるのですが、

この頃のデザインは、

シンプルというよりもやはりどことなく優雅な雰囲気です。

 

良し悪しは好みの問題なのですが、

初期のトーネットは大量に生産するのはちょっと難しい、

貴重な様式なのではないかなと思います。

 

 

前置きは今回は簡潔にしておいて…

 

早速今回ご紹介するトーネットの作品を見ていきたいと思います。

 

 

mehr lesen

初期のトーネット、Cafe Daum

ミヒャエル・トーネットがデザインした初期の椅子

 

 

前回のブログ、

トーネットの椅子 No.14 に引き続き、

トーネットについてご紹介するブログを書きたいと思います。

 

前回が最も有名なトーネットの椅子、

No.14をご紹介したのですが、

今回は初期の頃の椅子をご紹介したいと思います。

 

No.14も1859年に製造を開始したので、

トーネットというメーカーとしては初期の作品にあたるのですが…

 

今回ご紹介したいのは、初期モデルとNo.4です。

 

後ほど可能な限り詳しくご紹介したいと思うのですが、

初期モデルは1830~1840年代にかけての作品、

No.4は1850年の作品なので、

イメージするトーネットとちょっと趣が違うかもしれません。

 

では早速トーネットの初期の椅子をご紹介したいと思います。

 

 

mehr lesen

トーネットの椅子 No.14

ベンドウッド家具の代表、トーネット

 

 

トーネット、

アンティークの、特にアール・ヌーヴォー様式好きな方なら、

恐らく一度は聞いたことのある名前だと思います。

 

当店でも取扱数の多いトーネット。

 

マスプロダクトでありながら、

デザイン性に優れたトーネットは、

一体どの商品が何なのか、

わからなくなるほどたくさんの種類が存在します。

 

今回から数回にわたってこのブログ上に、

1910年頃までのトーネット製品についてご紹介していきたいと思います。

 

アール・ヌーヴォー様式限定ということですね。

 

椅子を中心にご紹介していく予定ですが、

たまにテーブルなどもご紹介出来たらいいなと思います。

 

 

さて、初回の今回、

一番最初にご紹介するのは、

トーネットでも最も有名なベンドウッド・チェア No.14、

こちらをご紹介したいと思います。

 

このNo.14なくしてトーネットは語れません!

椅子の中でも一番有名なのではないでしょうか。

 

 

mehr lesen

新着商品のブログ2017年10月25日

前回に続いてイギリスとフランスのアンティーク

 

 

前回のブログ でご紹介しきれなかった商品を、

今回も引き続きご紹介していきたいと思います。

 

イギリスとフランスからやってきたアンティークたちです! 

 

前回は船舶模型専門店並みに、

船舶模型ばっかりブログ上際立っておりましたが、

今回はアンティークショップらしいです。

 

アンティーク家具とインテリア雑貨たちをご紹介していきたいと思います。

 

 

今週からやけに寒いクラーゲンフルトなのですが、

ヨーロッパ全体が寒いのかなぁと思ったら、

なぜかこの街だけ寒いみたいです。

(ウィーンは12℃、クラーゲンフルトは4℃…)

 

どうやら北極圏と同じくらいらしい…

(北欧の首都よりも寒いとか…!)

 

ともあれ、

秋も深まってまいりました。

 

ヨーロッパの秋は天気が悪いので、

家に引きこもりになってきます。

 

そんな引きこもりにおすすめのアンティークをご紹介出来たらなと思います!

 

 

mehr lesen

新着商品のブログ2017年10月19日

イギリスやフランスから来た商品たち

 

 

この間、仕入れ担当者がイギリス・フランスの仕入の旅から戻ってきました!

(私も行きたい!)

 

ということで、

大量にイギリス・フランスのアンティークやヴィンテージ商品が到着しました。

 

本当に大量に届いたので、

分割してご紹介したいと思います。

ワンボックスカー一台で行ったのに本当に大量です。

 

イギリスやフランスのアンティークは、

ドイツやイタリアと雰囲気が全然違うので、

珍しくて好きです。

 

イギリスのアンティークは、

日本国内ではかなり主流のようなので珍しさが薄れているかもしれませんが、

結構独特な雰囲気を持っています。

 

イギリスに仕入に行く度に、

仕入れ担当者は日本人たくさんいた!という話をしてくれるのですが、

日本人、イギリスで爆買いしているらしいですよ。

多分大きいアンティークショップの方なんだと思います。

 

本当にいつか行ってみたいな、イギリスに。

 

 

mehr lesen

クリスマスの準備

ハロウィンを飛び越えてクリスマス気分

 

 

2017年もあっという間に残すところ2ヵ月半。

早いですね。

 

夏の間は特にニット製作はしないので、

8月くらいに頑張ろうと思っていたクリスマスボールの製作に、

今ようやく取り組み始めました。

 

それでもまだ本番まで2ヵ月くらい余裕があるので大丈夫かなと思っていますが…

 

 

そう、

10月の今、

ハロウィンなんか目もくれず、

クリスマスの準備を始めました。

 

今回はそんなクリスマス準備とヨーロッパの10月くらいの雰囲気を語るブログです。

 

 

mehr lesen

新着商品のブログ2017年10月6日

久し振りの商品紹介です

 

 

9月はどうやら商品紹介というものをしなかったようで…

1ヵ月振りの商品紹介です!

 

でも急にドカッと紹介するのも何なので、

復活初回はゆったり2つの商品を紹介することにしました。

(個人的な理由が8割を占めますが…)

 

 

ちなみに、

こちらオーストリアではもう寒いくらいの秋真っ盛りです。

今年はどうやら100年に一度の寒波がやってくるとかなんとか…

 

去年も冷凍庫以上に寒かったので、

今から恐怖におののいております。

ガクブルです。

 

日もだんだん短くなってきて、

19時前には暗くなるようになりました。

秋の夜長ってやつですね!

 

こんな秋めいた日には、

アンティークのランプの下で引きこもりしたくなってきます。

 

ということで、

今回ご紹介するのは照明です。

安直です。

 

 

mehr lesen